日本ハム・斎藤佑樹は引退報道を完全否定「ボロボロになるまで野球を続けたい」






節目の年を迎えた男の胸中は――。今年でプロ10年目を迎えた日本ハムの斎藤佑樹投手(32)。今季はここまで一軍昇格はなく、二軍戦でも中継ぎとして11試合に登板ん
して1勝3敗、防御率6・57ともがき苦しむ日々が続いている。27日発売の「週刊文春」では「ハンカチ王子引退へ」との記事が掲載されるなど、その動向に大きな注目が集まっているが…。当の本人は引退を「完全否定」していることが分かった。

Yahoo!ニュース 東京スポーツ 引用
全文読む





ストーリー
【概略】
2003年(85回大会) 決勝 常総学院ー東北/木内監督率いる常総学院が初優勝。「木内マジック」で知られる名監督は自身二度目の夏制覇。/2004年(86回大会) 決勝 済美ー駒大苫小牧/北海道、東北、北陸は優勝が一度もなかったが、南北海道代表の駒大苫小牧が偉業を成し遂げた。/2005年(87回大会) 決勝 京都外大西ー駒大苫小牧/駒大苫小牧が57年ぶり、史上6校目の夏連覇を果たした。/2006年(88回大会) 決勝 早稲田実業ー駒大苫小牧/斎藤佑樹vs田中将大のエース対決、決勝引き分け・再試合は歴史に残る名勝負になった。/
【解説】
人気番組「熱闘甲子園」のライブラリーから、記憶に残る名場面を収録!第3弾は、2003年~2006年、ご存じ“ハンカチ世代"にスポット!!





面白動画ランキング


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村







格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』




スポンサーリンク












この記事へのコメント

スポンサーリンク